「レオナール・フジタとモデルたち」@ DIC川村記念美術館2017年01月07日 15:35

フジタの作品であれば、どこへでも飛んで行きたい私だが、千葉県佐倉市ともなれば、ちょっとした小旅行、我が家からは電車で2時間半はかかりそう…。そんな私にステントマンが同行し、車で行ってくれることになった。
まず、その美術館の立派さにびっくりした。高速を降り、いかにも千葉県といった感じの平地を30分ほど行くと、別天地のようなきれいに整地された林の中の公園にたどり着く。きれいに手入れされた樹木のなかを行くと大きな池には白鳥が…。まるでマリー・アントワネットの世界だ。
肝心のフジタの作品は、なんといっても「アンナ・ド・ノアイユ」だ。フジタ流にほんの少しデフォルメされた顔がそのモデルの人間性をよくあらわしている。モデルが奔放に過ぎて未完成に終わったそうだが、大きな白い背景もこの絵の素晴らしさを際立てていると思った。
フジタのモデルといえば乳白色の肌の裸婦を思うが、今回の作品展には、レスラーや相撲取りを題材とした群像などの大きな作品群が並び、フジタの作品展の中ではめずらしい試みも一つの売りになっているらしいが、その辺はあまりピンと来なかった。フジタの作品は、裸婦、子供、猫という私の思い込みのせいかもしれない。
フジタの絵画のみならず、めがねや当時の雑誌のフジタ掲載面等、興味を引かれるものが多かった。パリ郊外のフジタ最後の地ヴィリエ・ル・バクルを訪ねた折りに日用品に交じって東芝の電気釜があった事をまた思い出した。
公園内にあるイタリアン・レストラン、これが雰囲気も味もなかなかのところでメッケモノ、アルデンテに茹で上げたスパゲティと自家製のパンはなかなかのもので、わざわざ東京の西端から千葉県までやってきた甲斐があった、と同行者ともども大満足の一日でした。

お弁当下げて歌舞伎見物2017年01月16日 16:33

歌舞伎座1月公演「将軍江戸を去る」「大津絵道成寺」「沼津」
久しぶりの歌舞伎鑑賞、舞台での片岡愛之助を初めて楽しんだ。最近テレビでよく見る顔だが、舞台の生愛之助のほうがはるかにいい。「大津絵・・・」の娘道成寺のときは実に美しかった。
「沼津」は最初のほうは楽しめたが、後半はお正月になんでこんな陰気な演目をやるのかしらん、と思うような舞台だった。
ランチタイムの休憩時間は30分、食堂で予約したお弁当を食べるといつも大変あわただしい。そこで、今回は二人分のお弁当をつくって持参し座席で済ますことにした。ちょっと窮屈だったが、経済的だし、粕漬けのシャケ、キンピラ、タケノコ、アスパラガスなど大変おいしかった。座席で食べるなんていやだ、と言っていたステントマンにも納得してもらえた。
食堂の昼食も、吉兆だったらなんと6500円もするらしい。たった30分の休憩でそんな高級なお弁当を食べる人がいるかしら、とか、たった30分しかない休憩時間も問題だ、等々いろいろ考えてしまった。

金婚式のおよばれ2017年01月26日 15:11

昨日(25日)をもって結婚50周年の金婚式を迎え、50年前に式を挙げた某ホテルから「夕食への招待」というありがたい提案を受け、74歳と72歳となった老夫婦はドレスアップしていそいそと都心まで出かけた。
50年となると、「光陰矢のごとし」といえども遥かなる昔の話、外見は大変わり(特に私)したけれども、中身はそんなに変わっていない気がする。しかし、ステントマンになった夫と、やはり「健康です」と胸をはっていえない事情をかかえている私は、いつも「50周年までは頑張ろうね」とこの数年は金婚式を目標に頑張ってきた。さてさて、これからの目標は…?
ダイヤモンド式はあと25年だそうで、これは「アウト・オブ・クエスション!」これからは、お互いに一人残されたときの身の振り方を真剣に考えていかねばならないと思うことしきりである。
メニューは和食だったので、色とりどりの器の上のご馳走を楽しんだ。飲み物はもちろん自費だが、まずシャンパン、そして白と赤のワインを楽しむ。「ただより高いものはない」との教訓どおり、シャンパンのグラスワインは私の予想金額のほぼ2倍、従って、あとの白と赤のワインは比較的安価なニュージーランド産を注文し、金婚式といえども日ごろの生活パターンから抜け出せないままの楽しい夜だった。